俺の自己発毛法

ミノキシジルやデュタステリド発毛剤による育毛方法

30代からのAGA治療と最強の発毛方法

 

最近よくCMで爆笑問題が出ているので見たことがある方も多いと思いますが、男性の薄毛についてAGA治療しようというものがでてきています。

私も10年ほど前から薄毛に悩まされてきていますので、いろいろ調べて現在もなお発毛実践中です^^(まだ完全回復してないんかい!というツッコミはなしでw)

これまでにリアップや育毛シャンプーを始め100万円以上育毛アイテムに使ってきましたが、今はだいぶコスパも良くなり信用できる治療薬や発毛薬のみを使用しています。今まで相当育毛剤には騙されてきました笑

その結果、ここ数年前から頭頂部だけでなく前頭部(M字部分)の薄毛もだいぶ回復してきました。ここでは、これまで培ってきた10年くらいの育毛経験から行き着いた俺流の発毛方法をまとめとして紹介していきます。

ところで、いったいAGAとはなんなのでしょうか?

AGAって何?AGAというのは、「男性型脱毛症」の事を指す言葉で、その特徴としては、男性に見られることの多い額の生え際や、頭頂部の髪が薄くなるのが典型的な脱毛パターンになります。また、AGAの薄毛は病気のような表現をされていますが、現状では、AGAは正常な生理的現象であるとされているため、一般的には病気としては扱われていません。なので、病院で治療を受ける場合でも現状は治療費には健康保険外になっています。ということもあり、病院で治療をする場合は結構高額になってきます。しかしながら、実は病院で処方される治療薬は全てネットでも購入できますので、もちろん自己責任ですが、自分自身でAGA治療を行なう方も多いようです。

現状のAGA対策と最強の発毛方法

今までの育毛や発毛グッズというと効果のない胡散臭いものばかりでしたが、ここ最近になって初めて発毛の効果がはっきりと、そして科学的に実証されつつある治療薬が登場してきています。

プロペシア

その最強アイテムの一つが、「プロペシア」です。

この「プロペシア」という薬は、発毛にいたるメカニズムが科学的に証明されている唯一の発毛剤であり、AGAのハゲの原因であるジヒドロテストステロンに効くものとなっています。


プロペシア(US版)1mg

ニュージーランドやイギリス、アメリカなど様々な国で生産されていますが、アメリカ版が比較的格安な値段になっています。プロペシアの値段については、プロペシアの国産別の値段比較

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、男性ホルモン(男性5α-還元酵素II型)の分泌などを選択的に抑制しテストステロンからジヒドロテストステロンへの反応を阻害する働きを持っています。

そのため、プロペシアは、「守りの発毛方法」とも言われています。

というのも、これは、発毛を促進するという効果よりも脱毛を抑制する方が強いからです。稀にこれだけでも発毛する方もいるようですが。

プロペシアジェネリック薬

ちなみに、このプロペシアには、ジェネリック薬である「フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ」などがあります。


フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ

ジェネリック薬とは?→特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造、供給できるようになった医薬品。競争が起きる事からジェネリック版は格安になることが多い。その成分は同じなので、基本的には効果も同じとなる。

ミノキシジル

もう一つの強力な発毛アイテムがリアップなどでも有名な「ミノキシジル」という発毛成分です。

※「ミノキシジル」とは?血管拡張剤の1つであり、もともとは別の薬として使われていました。しかし、その副作用でなぜか発毛するという効果が発見されました。そこで、ファイザー社がこれに目を付け、発毛剤として「ミノキシジル」を販売するようになったようです。

このミノキシジルの商品には経口投与タイプと頭皮塗布タイプがあります。

初心者にはミノキシジルの経口投与版の通称「ミノタブ」(ミノキシジルタブレット)は副作用もあるため危険視されているネットの書き込みも目にします。

「ミノタブ」(ミノキシジルタブレット)

俺も7年くらい前に一時期ミノタブ5mgを3ヶ月ほど飲んでいたが、ちょっと副作用が気になってそれ以来ミノタブの服用はやめた。最近いろいろな種類のミノタブも増えてきたし、また挑戦するかもしれない。

一方、頭皮に塗布タイプのミノキシジルは、日本でも唯一の発毛剤として薬局などで販売されている「リアップ」に配合されている成分です。

しかし、リアップに含まれているミノキシジル含有率は低い、そして高額ということで、ある程度発毛に詳しい方はリアップよりも安くてミノキシジル含有率も高い海外製の発毛剤を使っていることが多いようです。

海外製のミノキシジル育毛剤といえばカークランドやロゲインなどが有名でしたが、最近はポラリスのシリーズが特に人気になってきているようです。

これらはネットの通販サイトで海外からのいくつかの直販店で購入することができます。最近は最安値で商品数の多いオオサカ堂で購入しています。

今までにいくつかネットで購入しましたが、「ミノキシジル」「フィンペシア」「プロペシア」なども成分分析をしている個人輸入代行ショップなら安心して購入することができます。

まとめ

  • 現状の中で、最強の発毛方法は、成分で分類すると「ミノキシジル」と「フィナステリドorデュタステリド(ジェネリックも可)」です。
  • ただし、ミノキシジルでもタブレットタイプのミノタブは副作用のリスクがあるので注意しましょう。

 

自己発毛初心者の方へ

頭頂部、M字の脱毛など部分的な薄毛や全体的なAGA対策のための自己発毛に取り組む初心者の方は、まずはミノタブを使わずに、ミノキシジル系の塗布とフィナステリドを含むセットから始める事をおすすめします。

初心者にオススメな現在の発毛剤セットはこちらです。

ミノキシジル育毛剤+フィナステリド治療薬+ガッツリ頭皮の脂を落とす薬用シャンプー+髪の必須アミノ酸「Lリジン」の4つのセット

男性用[NR-08]ミノキシジル7%+アゼライク酸2%+αローション 1本 //フィンペシア30錠(キノリンイエローフリー新タイプ) //ニナゾルシャンプー1本 //L-リジンプラス(L-LysinePlus)1600mg250錠1本

衝撃の発毛体験記録写真はこちら

注目記事

岡村隆史育毛法 1
岡村隆史の育毛法は飲む毛生え薬ミノタブの効果で確定?

ナイナイことナインティナインの岡村隆史さんが以前ラジオで育毛治療を行っていること ...

毛生え薬 最強 2
科学的に最強の毛生え薬はどれなのかを調べてみた!

最強の毛生え薬はどれなのかという討論がいろいろなところで行われてきましたが、最終 ...

ギャオス内藤のHARG育毛画像 3
【発毛】HARG治療のまとめ情報【効果】

近年話題になってきているHARG療法というのは、ヨーロッパや韓国で人気になってい ...

今使ってる俺流発毛アイテム

①飲み薬:デュタプロス(デュタステリド)

今はフィナステリド系のプロペシアは一旦やめて、それより広いAGAへの効果が望めるデュタステリド系を使っている。デュタステリドといえば、ザガーロなどが国内でもやっとクリニックなどで処方認可されるようになったが、このジェネリックタイプの「デュタプロス」が一番安くて気に入っている。服用してから1年くらいだが、頭頂部にもM字と側頭部の間くらいがだいぶ発毛開始し、触るとジョリジョリする(強く太い毛)が生えてきている。

 

②塗り薬:ポラリスNR-11(ミノキシジル)

ポラリスはNR07から全て使ってきたけど、今は最新のNR-11を使い続けている。このポラリスNR11の大きな特徴は、ミノキシジルだけでなくフィナステリドやアルフォトラジオールも配合されている点だ。さらに、発毛成分が少しずつ時間差で浸透していく技術(Liposphere technology)により、ミノキシジルが持続的に頭皮奥へと徐々に吸収されていくため発毛効果が最大限発揮される。かれこれ2年くらいお世話になっているお気に入りのミノキシジル育毛剤だ。

値段はミノキシジル育毛剤としてはちょっと高めだが、一番発毛に欠かせない極めて成分なので、安いミノキシジルは使わずこれだけは拘って使っている。

③シャンプー:ニナゾルシャンプー(ケトコナゾール)

育毛系のシャンプーはこれまで15種類くらい試したけど、どれも体感できるものではなかった。しかし、その中でニナゾルシャンプーだけはすぐに頭皮への効果を感じ3年程お世話になっている。これまでシャンプーで頭皮の違いを感じたことがなければ、この抗真菌成分のケトコナゾールを2%配合の薬用シャンプーを是非試してみてほしい。ただし、ニナゾルシャンプーは皮脂を落とす洗浄力がかなり強力なので、週1〜2回の使用が良い。脂ギッシュな頭皮の薄毛タイプであれば、このシャンプーの皮脂抑制作用の威力にきっとビックリするはずだ!

ポラリスNR11も合わせて使うなら、こちらのセットの[NR-11]ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%+αローション 1本 +ニナゾルシャンプー1本がお得だ。

公開日:
最終更新日:2016/07/24